血液透析


HOME > 血液透析

血液透析

外来

当院、人工透析室は昭和63年9月1日に開設以来、「地域密着型の快適で安全な治療環境の提供」を目標に掲げ、担当医師のもと、スタッフ一同努力してまいりました。

現在、
多機能型個人用透析装置   1台
多人数用透析装置        30台
の計31台の装置を有し、患者様の治療にあたっております。

治療スケジュール

月・水・金 午前: 8:30−13:00
午後:13:00−17:30
夜間:17:00−21:30
火・木・土 午前: 8:30−13:00
午後:13:00−16:30

外来患者様への当院の取り組み(サービスに関して)

@ 通院支援(送迎バス3台保有、うち2台車椅子対応)
※通院支援は無償にて行っております
A 栄養管理支援(透析日の食事の提供)
B 全透析ベッドへのアーム型液晶テレビの設置


入院

血液透析療法は、長期間に渡り継続される治療です。その間には様々な合併症や、新たな病気の出現、また、突然の体調変化等も考えられます。その様なときでも、24時間入院治療可能な体制をとり、外来患者様の不安解消に役立ちたいと願っております。


導入

腎機能が低下し、腎不全状態になられた患者様に対しては、血液透析の導入が検討されます。

導入に際して

@ 医師による十分な説明と治療(インフォームド・コンセント)
A 症例に応じた栄養管理
B 入院病棟における全身管理(様々な検査を含む)
C MSWによる患者様の社会的不安の解消
以上を十分行った上でブラッドアクセスを作成(手術)し、血液透析治療の導入となります。